七五三・お助けサイト:取説 七五三!!

五三の寿司には、皆で作って楽しめる
手巻き寿司がオススメ♪

七五三鮨 手巻き寿司のワンポイント

七五三 ちらし寿司

七五三のお参りを済ませて、その後、家族みんなでお祝いの席。
そこで定番となってくるのがお鮨(お寿司)です!

大人からお子さんまで思わず頬が落ちてしまう「鮨」♪
お寿司屋さんで取寄せたチラシ寿司やにぎり寿司。

関西なんかでは鯖の棒寿司や箱鮨などをみんなで囲んで楽しく歓談します♪
なかなか良いものですよぉ。

七五三 手巻き寿司 具材

しかし、七五三の主人公でもあるお子さんにとってはどうなんでしょうか。

やはり、「生の魚っていうのは抵抗あるんだけども・・・」と思われている親御さんも多いのでは?

そこでオススメしたいのが「手巻き寿司」!
テーブル中央にシャリ(寿司メシ)を用意し、手水とわさび、そして好みにあったネタを準備して自分達で巻いて食べる。

これって結構楽しいですし、何よりお子さんが喜ぶはずです。


またネタに関しても生魚だけでなく、小さなお子さんでも食べられるような食材を用意出来ますし。

例えばサラダ菜やレタス、トンカツやウィンナー、シーチキンなどなど。
そう!魚に拘る必要がないのが「手巻き寿司」の良いところなんです!

七五三鮨 手巻き寿司のワンポイント

○七五三鮨/手巻き寿司の巻き方

偉そうにワンポイントと言っておりますが、元々私自身「寿司」を作っていた立場だったので、簡単なアドバイス程度なら出来ると思い記載させて頂きます。

シャリ(寿司米)に関しては、それぞれ好みの味というものがあるでしょうし、合わせ酢として調合された「すし酢」も販売されています。また、酢調理本などでも記載されていますのでここでは省きます。(特に、お子さんメインで考えると少し甘めのものを用意したほうが良いでしょうし・・・)

さて、手巻き鮨で肝心な部分と言えば、やはり巻き方です。

寿司職人が巻いた手巻き鮨と皆さんが家庭で巻く手巻き鮨とでは明らかに違います。
そりゃ素人なんだからしょうがない!と思われている方も多いでしょうが、コツさえ掴めば意外と簡単!

要は、円錐形。かぐや姫のような扇方を作れば良いのです!

先ずは使う「海苔」から。
スーパーなどでも手巻き鮨専用の海苔が売られていますが、要は長方形の海苔を使うという事。

そして、綺麗な手巻き鮨を作るために忘れてはならないのがシャリの量。

よく見かけるのが、シャリの分量が多すぎて上手く巻けない(><;)と言ったケース。大体、にぎり鮨ぐらいの量で十分なんです。グラムで言うと24.5gぐらいでしょうか。
手のひらに隠れる位のシャリの量を目安にして下さい。


さて、具体的な巻き方ですが

先ず海苔には裏表があります。光沢のある方を外側に来るように持ちます。
そして、長方形の海苔の短い辺の部分を、人差し指に沿って置きます。

その時、親指で海苔を挟むように支えてやります。(この時、海苔をベタッと持たないように注意して下さい。)

すると角の部分が山となる筈です。これを中心として巻いていきます。
先ずこの山から対角線上に下りてきた所に一握りのシャリを置き、気持ち長細く広げてやりその上に具材を置きます。

具材を置いたら、人差し指の根元と親指で挟んだ海苔の角を対角線上に持ち上げ、具材を包み込むように折り曲げてやります。

その海苔の角は、目安として海苔の上辺に沿って巻いてください。するとキレイな円錐形となり雛人形の様な形になるはずです。

文面で紹介してもなかなか伝わり難いので、主婦の方?が巻いている動画を見つけました。

この方のやり方が、一番近いように思えましたので紹介します。


*注意
この方の場合は、海苔の山の部分が親指の先にきています。少し海苔の向きが違いますが、具材の置き方や海苔の巻き方などは同じです。

七五三にピッタリなお洒落な手毬寿司
七五三のお祝いにはお寿司を【はなてまり】

七五三にピッタリな【はなてまり】

彩食ひろばがお届けする一口サイズの可愛らしい手毬寿司♪
雑誌【クロワッサン】にも掲載された、とっても可愛らしい一口サイズの細工寿司。

何と言っても、先ず目が行くのはその華やかさ♪
七五三の御膳をとっても楽しく盛り上げてくれそうです!

また見た目とは反して、しっかりとしたボリューム感がこの【はなてまり】の特徴なんです。
<ネタ10g、シャリ20g(通常の持ち帰りの握り寿司で、一貫約27g程)>

10種類の色鮮やかな手毬寿司は、どれも伝統の技術を施した逸品!
えび手毬、サーモン手毬、いくら錦糸巻、小鯛手毬、栗錦糸巻、高菜手毬、小鯛シソの葉包み、小梅手毬、ゆかり手毬、高菜包みの計10種類

この商品は冷凍でのお届けとなります。・・・冷凍?
最近では当たり前になったおせちなどの冷凍配送。この商品もおいしさや食感を損なわないプロトン冷凍によって届けられます。

- プロトン冷凍とは? -
食品細胞を傷をつけること無く、冷凍する先端技術。うま味を損なわない食品解凍が可能となりました。

しかも、冷凍していたとは思えないほどのシャリのモチモチ感と味わい!
お米選びはもちろん、酢や水の配合量など解凍時において出来立ての食感を再現出来るよう研鑽されています。

その結果、冷凍とは思えない味わいを堪能できたと、購入者からの喜びの声も多数寄せられています。

是非、七五三の御膳の一つに加えてみて下さい。

七五三のお祝いにはお寿司を【はなてまり】
スポンサードリンク:Google AdSense
Copyright(c) 七五三.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com